Publishあなたはここにいる: ホーム » 製品 » 機械 » 化学プロセス機器部品

医薬品滅菌粉末充填ライン

元の
価格: Negotiable
最小:
総供給:
配達期間: The date of payment from buyers deliver within days
シート: Shanghai
妥当性: Long-term effective
最後の更新: 2020-01-11 00:59
番号を見る: 57
inquiry
会社概要
 
 
製品詳細

概要

滅菌モデルバイアル粉末洗浄-乾燥-充填-キャッピング-ラベルの生産ラインは、垂直超音波ボトル洗浄機シリーズ、PRO-DVTトンネル熱風循環滅菌オーブン、PRO-PFMシリーズデジタルスクリュー射出粉末充填機、VCMキャッピングで構成されていますマシンとPRO-VLMラベリングマシンは、独立して使用することもできます。 7-25mlのバイアル注射の生産に適しています。 スプレーおよび水充填、超音波粗洗浄、ボトル外壁洗浄、ボトル内壁連続二次循環水洗浄、一次送風、一次淡水洗浄、連続二次送風、ボトル外壁送風、予熱など、20以上の手順を完了することができます、乾燥、滅菌、発熱物質除去、冷却、充填、栓止め、キャッピング、ラベル付けなど


パフォーマンス機能

¨ボトル洗浄機は、さまざまな仕様のバイアルに適した機械式ハンドを使用してボトルを固定します。

¨水-ガススプレーニードルは、ボトル洗浄用に往復追跡挿入モードを採用しています。これは、優れた洗浄効果と省エネが特徴です。 また、ボトルへのスプレー針の挿入の精度を高め、針折れの発生を減らすために、針ホルダーの揺れを防止する装置も備えています。

¨水道管とガス管はスプレー針から完全に分離可能であるため、交差汚染が回避され、GMP要件が満たされます。

¨バッファブロックは、ボトルの洗濯機のボトル送りネジの前に取り付けて、ネジを保護し、ボトルの破損を減らします。

¨ボトル排出ブロックは、ボトル押しブロックに接続され、安定した信頼性の高い動作でアンプルを運ぶ一体型のインポート同期ベルによって実現されます。

¨オーブンは、均一な温度と省エネを備えた熱風循環加熱を採用しています。

¨オーブンには、突然の電力消費から保護する機能が備わっており、安全に動作します。

¨また、室内の風量を消費しない循環水冷装置を装備することもでき、室内の不均衡な差圧のリスクを低減し、良好な冷却効果を実現します。

¨オーブンに差圧自動バランス調整システムを装備して、部屋とオーブンの不均衡な差圧、充填室、洗浄および乾燥室の温度上昇などによって生じる高温セクションの偏差の問題を軽減できます。 。

¨オーブンには、DOP検査ポート(風圧、風速、塵埃の検査ポートを含む)が備わっています。

¨オーブンの冷却セクションには、滅菌機能が備わっています(特にFDAが選択)。

¨オーブンメッシュベルトには、超音波およびCIPクリーニングシステムを装備できます。

¨オーブンの空洞は、万能でマルチアングルの高圧水洗浄を受ける場合があります。

¨フィッティングマシンは、高速で正確な充填と部品の便利な交換を特徴とする世界最先端のデザインコンセプトを採用しています。

¨充填機はACサーボモーターを採用して充填ねじを駆動し、正確な充填量で回転します。

¨充填機の充填量の調整は、タッチスクリーンで実現できます。

¨充填機には、100グレードの循環層流フードを装備できます。

¨ボトルなしの場合は充填なし、ボトルなしの場合は栓なしの機能が提供されます。


全体のラインは、PLCメイン制御、周波数変換器、タッチスクリーン制御技術を採用しており、安定した信頼性の高いランニングを実現しています。 タッチスクリーンは、各制御点での各マシンの運転ダイナミクス、水圧、気圧、風圧、および温度を表示できます。 各オン/オフステータスと障害、障害販売診断、障害分析、および排除方法の表示により、生産プロセス全体の自動制御が実現します。 生産ラインには、バランスの取れた信頼性の高い生産を確保するために、3台の自動制御およびバランス装置が装備されています。


お客様の要件に応じて、次のものも装備できます。

¨シーメンスなどのブランドの制御システム。 シュナイダー、三菱、デリア。 等;

¨水圧、気圧、水温、超音波強度、粉塵粒子、風速のオンライン検査、警報、記録、印刷システム。

¨ORABS、CRABS、無菌アイソレーターシステム。


機器の検証

検証は非常に一般的であり、生産中のすべてのバッチで均一な結果を得るために機器の重要なポイントを検証するには良好なパフォーマンスと信頼性の高い操作が必要なため、各機器メーカーおよびエンドユーザーに共通のトピックです。 私たちは長年にわたり製薬産業に立脚し、存在しているため、優れた検証エンジニアと品質エンジニアが優れた検証ドキュメントを作成し、機器の重要なポイントを適切な方法でテストする必要があります。 サプライヤに関しては、検証には内部検証と外部検証があり、それらは機器を検証する必要があります。専門チームと豊富な経験により、優れたドキュメント構造と検証計画を作成するのに役立ちます。異なる機器と機能には異なる検証標準と検証計画があります。



http://ja.pharma-equipments.net/

合計0バー [すべて見る]  関連コメント
 
もっと»その他の製品

[ 製品 サーチ ] [ お気に入り ] [ 友達に教える ] [ 印刷する ] [ 閉じる ]